私はこれまで何度かレストランでカレーを食べてきましたが、本格的なものは辛くて食べられません。

気ままにレストラン&居酒屋のグルメ話

レストランの本格的なカレーが食べられない

人参、じゃがいも、玉葱、お肉と、これらの具材が大きめにカットされている、ゴロゴロとした甘めのカレーが、私の昔から大好きなカレーです。このカレーは、市販のルーを使っていて、それに市販のトマトケチャップや牛乳を入れただけの、どこにでもある一般的な家庭の味ですが、私はこの家庭の味こそが1番に美味しいと思っています。今まで私は、何度かレストランでカレーを食べたことがあるのですが、それらを美味しいと思うことができませんでした。なぜなら、レストランで提供していただくことのできるカレーとは、たくさんのスパイスを配合して本格的に作られているため、そのスパイスの辛さがあるからです。私は辛いものを苦手としているため、こういった本格的なカレーを食べても、全く美味しいと思うことができないのです。また、本格的なカレーというと、具材が全て煮込まれてルーに溶けてしまっているため、見た目はただの真茶色で、食欲をそそるものがないと思います。それに対して家庭のカレーは、具材がはっきりと見えていて、なおかつ苦手な辛さもなく、私にはこれがぴったりです。

カレーとは、各家庭の味が現れるといわれますが、まさにその通りだと思います。私の家で作るカレーは、スーパーで買い揃えることのできる材料しか使っておらず、この本格的なカレーとは程遠いものの、家ならではの美味しさがあると思っています。辛さに慣れることができたら、本格的なカレーの中でも気に入ったものを探してみたいです。

おすすめサイト

Copyright (C)2017気ままにレストラン&居酒屋のグルメ話.All rights reserved.